製造・加工の現場で利用されている設備

流体を解析する

解析シミュレーションサービスについて

湖や川、あるいは家庭での水周りなど、身の回りには多くの流動体がありますが、これらの動きを詳細に観察するのは、それほど簡単ではありません。投げた石の軌道を計算するよりも、より多くの要素が存在するからです。 そこで、このような流体の動きの観察には、流体特有の方程式をもとにした、流体解析を行う必要があります。この流体解析はシミュレーションに含まれるもので、計算機が特意とする分野です。 方程式の設定やソフトの作成には、それなりの知識と技術が必要なので、それ自体が商品になりますが、基本的な状態に関しては、それぞれの使用目的に応じて様々なので、多くの場合が、特注となりますが、一般的な状態については、汎用ソフトで対応することも出来ます。

サービスの種類と適切な活用について

発注に対する費用としては、汎用的なものよりも特注の方が高額になるものです。そこで、出来るだけ汎用ソフトで対応することが考えられます。 一方で、流体解析の目的によっては、詳細な観察が求められることもあります。流体解析のサービス提供者によっては、汎用ソフトと、特注した場合とで、その結果の違いを数値化して提示してくれるところもあります。 詳細かどうか、というだけでは判断があいまいになってしまいますが、このような数値化された結果をもとにして、どちらが、より利用目的に合致しているか検討することが必要です。 また、単一の解析方法だけではなく、同じ手法の中で変数を変えるなどの柔軟性についても、事前によく確認しておくことが重要なのです。