製造・加工の現場で利用されている設備

予算を決めよう

ディスペンサーのコストについて。価格に関しても。

ディスペンサーは、デザインとブランドによってかなりコストが変動するという傾向があります。 いわゆる欧米の有名メーカーの製品の場合は300ミリリットルの石鹸のディスペンサーが3点セットで4千円前後という価格設定をしている企業が非常に多いです。 ディスペンサーの生産国と製造メーカーがともにヨーロッパやアメリカの場合は、コストが割高となるので上記の価格となるか、上記の価格を少し上回りますが、中国などの国で製造された場合は、ディスペンサーの価格は少し上記よりも低くなる傾向にあります。中国以外の、より人件費の低い国で生産された場合はより価格は低くなります。 因みに、デザイン性に全くこだわらないのであれば、300ミリリットルのソープディスペンサーが千円台で購入できます。

ディスペンサーの情報

ディスペンサーとは、「液体定量吐出装置」とも呼ばれていて、様々な液体を一定量注入するための周辺機器の総称のことです。 たとえば、ジュースやソースなどの食品関係、シャンプーやリンス、洗剤などの日用品、薬品や塗料、など食品や医療、衛生関係などの様々なものを供給することができます。 ディスペンサーは、アメリカで開発された機械で、日本には1972年に輸入され、使用が開始されたことにより、日本の製造コスト削減・大量生産の効率が飛躍的に上がりました。ディスペンサーの最大の特徴は短時間に決められた量の液体を正確に容器に注入することができるので、今日の製造には欠かせない存在です。ディスペンサーには様々なアクセサリがあり、用途に応じて使い分けます。